秘伝豆

豆専門店の秘伝豆
豆専門店の秘伝豆



秘伝豆の登場です。ほとんどの方は、秘伝豆(ひでんまめ)ってなんだろう、とお思いになると思います。
秘伝豆の生産は東北地方でしか栽培されていません。
特に現在では山形県が最も生産量が多く、岩手県、新潟県などで生産が盛んです。ですが、まだまだ黄色い大豆に比べると生産量は格段に少ない大豆です。

表面の種皮は薄緑色から黄色い色のやや幅がある色合いをしています。皮を剥くと中は緑色ではなく黄色いです。

秘伝豆
【写真】山形県産の秘伝豆

この秘伝豆は味がとてもよく大変甘い大豆です。そのおいしさゆえにこの地方を中心に広がってきた大豆です。当店ではこの希少な秘伝豆を在庫限りの限定販売をいたします。平成30年産の山形県産です。




秘伝豆がどのようにして生まれたか、をご説明いたします。

秘伝豆は地大豆ではありません。よく地大豆と間違われたり、「地大豆系」といわれたりしますが、正確には地大豆ではありません。ではどのようにして秘伝豆が誕生したかというと、そのご先祖は岩手県の在来の地大豆「かおり豆」「におい豆」という大豆から始まります。

岩手県には在来の大豆で「かおり豆」「におい豆」と呼ばれるとてもおいしい枝豆がありました。

この「かおり豆」「におい豆」はとてもおいしいのですが、天候などのストレスに弱く、すぐに病気にかかってしまって収穫量がとても少ない大豆でした。そこで、このおいしい枝豆用の大豆をなんとか普通に収穫できないだろうかと考えたのが、岩手県の老舗種苗屋さんの「佐藤政行種苗」さんでした。

この「かおり豆」「におい豆」を親として、岩手県の在来の大豆を交配させて病気に強い枝豆を作ろうと必死にがんばりました。その交配を始めたのが1978年です。

以来試行錯誤を繰り返し、10年後の1988年についに秘伝豆が誕生しました。もとは枝豆の品種でしたが、成熟した大豆になっても枝豆のときのような味と食感を持った大豆に生まれ変わりました。
※遺伝子組み換えでは在りません。

秘伝豆はその食感や味が非常においしかったため、東北を中心に広がりました。
この秘伝豆を生み出した「佐藤政行種苗」さんでは平成20年に「秘伝豆」「秘伝枝豆」の商標を取得しています。

当店では、豆の専門店として、秘伝豆のようにおいしいけれど、まだまだ生産量の少ない大豆も、できるだけご紹介していきます。






秘伝豆はまだまだ生産量が少ない大豆です。天候が悪いとその年は全滅してしまうかもしれません。栽培地域が限られているので、その地域の天候が悪いと、他の地域でまかなうことができないからです。近年は猛暑が毎年のように起こるようになったので、大豆の生産もますます厳しくなっています。

当店でも在庫が潤沢に用意できる大豆ではないため、在庫限りの限定販売となります。
ご興味のある方は、お早めにお試しください。



現地では、煮豆や味噌など色々な用途に使用しています。

しかしながら、豆専門店の当店がおすすめする食べた方は、「塩茹で」と「豆ご飯」です。

秘伝豆は非常に甘くておいしいので、五目豆などの味をつけた食べ方より、素材の味をそのまま楽しめるような食べ方をおすすめしたいのです。

秘伝豆の塩茹で
【写真】秘伝豆の塩茹で

シンプルな塩茹でですが、枝豆のような食感と豆の甘みがありますので、ついついたくさん食べてしまいます。
かなりクセになる味です。

「塩茹で」にした地大豆はサラダにトッピングしても大変おいしいです。


秘伝豆の豆ご飯
【写真】秘伝豆の豆ご飯

こちらもシンプルなレシピですが、豆の甘さと食感がうまくマッチして非常においしい豆ご飯です。
上記の塩茹でした豆冷凍保管しておいて、ご飯を炊飯するときに一緒に入れて炊飯するだけでもできるので、簡単に豆ご飯ができます。

素材の味を十分に生かした、まさに地元の味の楽しみ方で是非ご賞味ください。

塩茹でした秘伝豆をラップに包んで冷凍しておけば、ご飯を炊飯するときに一緒に入れて炊くだけで、簡単に豆ご飯が出来上がります。


豆専門店として他店よりも良い状態の豆をお届けするために、全ての豆を一粒一粒手で選別しました。割れや虫食い豆、変色豆は、人の目で見て取り除いています。貴重なお豆だからこそ一粒一粒を大切にしてお届けしたいと思っています。


当店の『豆』はすべて酸素を遮断する密封包材に入れて、真空パックしております。
真空パックする際に、脱酸素材(エージレス)を封入しておりますので、袋の内部は酸素が無くなり、保存中もそのまま酸素が無い状態で維持できています。
ですから、豆の成分が酸化することなく、いつでも新鮮な風味を保っています。

しかも便利なチャック付袋で保存にも便利です。 酸素を抜いた真空包装をすることで以下のようなメリットがあります。

1)開封するまで豆が酸化しないので、開封するまでいつでも新鮮です。
2)袋の中には酸素が無いので、開封するまで常温で保管していても「カビ」が発生しません。
3)同じく酸素が無いので、開封するまで常温保管でも、害虫が発生しません。

開封後も袋のチャックをして、常温で保管していただき、適時必要量をお使いください。



豆料理が得意な方も、今日からスタートという方もご安心ください。当店では、原穀(生豆)商品には、すべて簡単豆レシピをお付けしております。

「豆を戻すときの水の量は?」とか、「豆を戻すときの水浸けする時間は?」とか今日からスタートする方でも、レシピどおりに一つ一つやっていけば、簡単に豆料理が完成します。

また、「今日から早速豆料理をしたいのだけど、どんな料理にしたらいいのかしら?」という場合でも、簡単レシピで、まずは1品、2品は完成です。

簡単レシピを足がかりに、家族がお好きな具材や味付けを加えていって、すぐにオリジナルのアレンジ豆料理にステップアップです。 また、調理中に分からないことがあったら、いつでもお電話ください。お気軽にご相談していただければ、スタッフもうれしく思います。

お電話:086-430-0280






表示順 : 
表示件数:1~3/3

2019年11月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

2019年12月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休業日