イソフラボン高含有きな粉

イソフラボン高含有きな粉
イソフラボン高含有きな粉


イソフラボン高含有大豆 ゆきぴりか

ここでご紹介する「きな粉」は、とても珍しいきな粉です。北海道産の「ゆきぴりか」という大豆100%で作ったきな粉です。
この「ゆきぴりか」という大豆は2006年に新品種に登録されたばかりの新しい大豆です。もちろん遺伝子組み換えではありませんので、ご安心ください。
「ゆきぴりか」の詳細は乾燥豆の販売ページでもご説明しておりますので、そちらもご覧ください。
イソフラボン高含有大豆「ゆきぴりか」の特集ページはこちら。

この「ゆきぴりか」はイソフラボンが普通の大豆の1.5倍~2.0倍程度含まれている珍しい大豆です。まだまだ新しい品種なので、生産量もかなり少ない大豆です。 この珍しいイソフラボンが多く含まれている大豆(ゆきぴりか)だけで作ったきな粉が「イソフラボン高含有きな粉」です。
普通のきな粉と同じだけ食べると、自然に1.5倍~2.0倍のイソフラボンが取れるうれしい大豆です。 まだまだ生産量が少ないこの「ゆきぴりか」を豆専門店の当店は贅沢にきな粉に仕上げました。
当店ではこだわりの「イソフラボン高含有大豆(ゆきぴりか)」を原穀(乾燥豆)で販売しておりますので、その「ゆきぴりか」を原料にしたきな粉です。


ゆきぴりかゆきぴりか

乾燥豆の調理では、「豆乳」「味噌」「煮豆」「納豆」など幅広い用途にお使いいただけます。ただ、豆腐にはあまり向いていないと言われています。(たんぱく質が多いので、本来は是非豆腐に、というたんぱく量ですが、大豆の風味がそのまま豆腐の味になることもあって、多すぎるイソフラボンの味が・・・。)豆腐だけには適正が低いですが、きな粉にはぴったりの特徴です。きな粉を普通に食べるだけで、イソフラボンを1.5~2.0倍も摂れるのですから。きな粉にはイソフラボンの味は感じません。普通のきな粉の味として召し上がっていただけます。もちろん焙煎もこだわっていますので、普通のきな粉以上のおいしさで楽しんでいただけます。

イソフラボン量の比較左のグラフをご覧ください。
これはいろいろな大豆品種のイソフラボン量を比較したものです。
北海道の大豆は府県産の大豆に比べてイソフラボンが多い傾向があるのですが、その中でも新品種『ゆきぴりか』は安定してイソフラボン量が多く含まれています。

左記の中で『フクユタカ』と『エンレイ』はイソフラボンが少ないことが分かると思います。この2つの品種は豆腐に使われることが多い品種です。すなわち、豆腐をたくさん作るためにはたんぱく質が多い品種の方がたくさん豆腐を作れる、しかしイソフラボンは少ない、ということが分かります。

言い換えれば、同じ豆腐でも、北海道産の大豆の豆腐とエンレイの豆腐ではイソフラボンは倍近く違いがある、ということです。

きな粉の話に戻しますと、ゆきぴりかのきな粉にはイソフラボンがたっぷり含まれています。いつものきな粉の半分でイソフラボンを同じだけ摂ることができるのです。いつものきな粉牛乳やいつものきな粉クッキーなどいつもお使いのきな粉を『イソフラボン高含有きな粉』に代えるだけで、たっぷりのイソフラボンを摂ることができるのです。
是非、一度イソフラボン高含有きな粉をご賞味ください。






無添加のきな粉です

当店のイソフラボン高含有きな粉は、保存性をあげるためや味付けのために、何かほかの添加物などは添加していません。
100%ゆきぴりかだけで仕上げた完全無添加です。

きな粉は酸素以外にも「光」で風味が減衰していきます。ですから保管中はしっかりと光を遮断する必要があります。スーパーのきな粉がおいしくなかった経験はありませんか?スーパーでは陳列棚に良く見えるように並んでいますから。そういうことです。

ですから、商品が届いた後、ご家庭で保管するときには、必ず新聞紙などでくるむとか、お届けした箱の中に入れるなどをして、光をシャットアウトしてください。 100%無添加ですから。多少めんどくさいですが、きな粉の風味と甘みが十分に引き出された、大変おいしいきな粉に仕上がっていますのでご理解くださいませ。

保存を良くするために保存料などは入れていません。お店に並んでお客様が手に取っていただくのを待つわけではないので、通信販売の最大の利点で、当店のお客様のために焙煎して包装するので、色々な環境での保存に耐える必要が無いのです。
脱酸素剤を封入して、袋の中の酸素をなくしています。それだけで十分に保存できます。



真空包装できな粉も長持ちします
 きな粉の保存用包材の選定当店の『きな粉』は酸素を遮断する密封包材に入れて、真空パックしております。
真空パックする際に、脱酸素材を封入しておりますので、袋の内部は酸素が無くなり、保存中もそのまま酸素が無い状態で維持できています。 ですから、豆の成分が酸化することなく、開封するまで、いつでも新鮮な風味を保っています。

また、選んだ包材は緑茶などにも使用される包材を選びました。この包材を使うことで保存中のきな粉の香りを損なうことなく開封するまで新鮮な状態で保存できるからです。もちろん常温で保存可能です。 しかも便利なチャック付袋で保存にも便利です。
※きな粉はパウダー状のため、開封前の酸素が無い状態でも、袋自身はカチカチに固まったりしません。適度な空気(ほとんどが窒素です)がある状態です。

酸素を抜いた真空包装をすることで以下のようなメリットがあります。

1)開封するまで豆が酸化しないので、開封するまでいつでも新鮮です。
2)袋の中には酸素が無いので、開封するまで常温で保管していても「カビ」が発生しません。
3)同じく酸素が無いので、開封するまで常温保管でも、害虫が発生しません。

開封後も袋のチャックをして、常温で保管していただき、適時必要量をお使いください。



きな粉の安さの秘密
当店では、全ての生豆(乾燥豆)は、人の手で見て触って手選別をしています。
その選別の際に、豆の皮が破れていたり、形が悪かったり、或いはサイズがやや小さかったりなどの豆は、手選別で除外して、原穀として販売していません。
生産量がまだまだ少ない秘伝豆ですが、例外ではありません。生豆として販売するには厳格な基準を設けています。基準に満たなかったものは、いくら歩留まりが悪くても、ロスばかり出ても、生豆としては販売しません。

イソフラボンをたくさん含んでいる『ゆきぴりか』も例外では在りません。生豆の基準に満たないものはすべて除外していきます。

今回きな粉にしたのは、そんな選別の際に除外した豆を原料にしました。選別で除外した豆ですが、味は全く同じです。あくまでも見た目が悪いために、原穀としては販売しなかった豆です。 そんな豆を原料にしているので、きな粉にしたときの原料費がほとんどかかっていません。
加工費はかかりますが。袋代もかかりますが。充填費用も・・・。手選別ですからその費用も・・・。
ですから、生産量が少ない秘伝豆のきな粉にもかかわらず、このような低価格で販売できます。 尚、個包装のきな粉の袋の中には、原穀と同じく「脱酸素剤」を封入しておりますので、開封するまで酸化せず、きな粉の豊かな風味と甘みを味わっていただけます。



きな粉と野菜の栄養素の比較

きな粉には、なかなか摂取できない「亜鉛」もおいしく手軽に簡単に摂取することができます。また女性にうれしい「葉酸」もたっぷりです。 「きな粉牛乳」などで手軽に召し上がってください。

きな粉の亜鉛量比較

なかなか摂取することが難しい亜鉛も大豆にはたくさん含まれています。
きな粉牛乳などで手軽に取り入れることができます。


きな粉の葉酸量比較

葉酸は野菜の中でも多いものと少ないものがあります。手軽に簡単に取り入れるにはきな粉は大変便利です。
きな粉牛乳だと亜鉛や葉酸などに加えて、牛乳由来のカルシウムもまとめて便利です。


きな粉牛乳

イソフラボン高含有きな粉も、是非きな粉牛乳をお試しください。手軽でもありますし、イソフラボンを好きなときに充電することができます。

当店では色々な種類の大豆をきな粉にしています。
それぞれの特徴のある大豆を選抜しておりますので、是非専門店品質のきな粉をご賞味ください。







表示順 : 
表示件数:1~4/4

2019年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

2019年11月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 休業日