豆乳用大豆

豆専門店の豆乳用大豆(タマホマレ)
豆専門店の豆乳用大豆(タマホマレ)



島根県産のタマホマレ(平成30年産)です。 ご家庭で手作り豆乳を作る際に、是非おすすめしたい大豆です。

豆乳をご家庭で搾ってみて「あれっ」と思われた方はいませんか?スーパーで売っている豆乳はクセがないのに、自分で搾るとエグかったり。

これは豆乳にした大豆の選択が間違っています。豆乳にして美味しい豆の条件は糖分が多く、大豆臭さが少ない品種でなければ美味しくありません。

豆専門店では色々な大豆を豆乳にして、比較検討して、お手頃なお値段でしかも美味しい大豆をついに見つけました。
(結果は生産年度の作柄によって若干変わります)。

ご家庭でもプロ並みの美味しい豆乳が作れる大豆の品種は「タマホマレ」です。

豆専門店ではこの「タマホマレ」を豆乳用大豆として自信を持ってお薦めします。


では何故このタマホマレが豆乳にしたらそんなに美味しいのでしょう?

まず皆さんに質問ですが、豆腐が豆乳ににがりを入れてできるものだということをご存知でしょうか。
実はこの「タマホマレ」は豆腐屋さんが甘い美味しいおぼろ豆腐を作るために使っている大豆の品種なんです。

タマホマレはたんぱく質量があまり多くないので、豆腐を作ると普通の大豆より歩留まりが少ないのです。すなわち同じ豆腐を作る作業をしても出来上がる豆腐が少なくなります。

近年の経済下ではできるだけたくさんの収率を求めがちですが、たとえ、出来上がりが少なくても、おいしし豆腐になるのなら、とこだわりの豆腐屋さんではこの「タマホマレ」を指定して使っています。

おいしい豆腐は、おいしい豆乳だからこそできます。豆乳がおいしいことは豆腐屋さんが知っていたのです。


毎日飲むものだから、
「絶対に脂肪分は少なく抑えたい」
「甘くおいしい豆乳を飲みたい」
と思うのが当然だと思います。

当店がお薦めする「タマホマレ」なら脂肪分が少なく、甘い豆乳が作れます。

下の表をご覧下さい。「タマホマレ」は、普通の大豆「フクユタカ」より約12%も脂肪分が少ないのです。しかも甘さは21%も強いんです。

さっぱりとして、だけど味わいは甘い。おいしい豆乳には最適の大豆です。だから同じ豆乳を作ったとしても、圧倒的に低脂肪でかつ甘い豆乳になるのです。



※普通の大豆のデータには、日本で最も多く栽培されている普通の大豆「フクユタカ」を使いました。
※百粒重とは、豆100粒の重さのことで、豆の粒の大きさを表す単位です。

この差が一体どの程度になるのか計算してみましょう。
普通の大豆で一ヶ月分(乾燥豆5kg分)の豆乳を飲むと、その合計の脂肪分は約1,150gです。

しかし、タマホマレだと一ヶ月で1,020gの脂肪分で済みます。
その差は130g。
カロリー換算すると普通の大豆だと、なんと1170kcalも余分に取ってしまっていたのです。 ヘルシーで甘い豆乳ができるのは「タマホマレ」だけの特徴なのです。


豆乳用の大豆ですので、もちろん豆乳はおいしく飲んでいただけます。


最近は全自動の「豆乳メーカー」も安く市販されていますので、簡単に毎日出来立て豆乳をおいしく飲んでいただけます。
当店の「豆乳用大豆」をご購入の際には、簡単にご家庭で調理できる「簡単レシピ」をお付けしています。このレシピには「豆乳メーカー」を持っていない場合のご家庭での手作り豆乳の作り方を記載しております。ご参考ください。

寒い季節は搾った豆乳で「豆乳鍋」を作っても非常においしいです。


「豆乳なんてスーパーで売ってるじゃない」って思われるかもしれません。

では計算してみましょう。

安売りの時に「調整豆乳1L」を216円で購入したとしましょう。家族4人で1人200ccとすると、一日172.8円(=800cc)×30日=5,184円かかります。

しかし、生の豆から毎日新鮮な搾りたて豆乳を飲んだとしたらどうでしょう。一日800cc分の豆乳用の大豆は約165g。一ヶ月だと4.95kgになります。こんなにたくさん、と思われるかもしれませんが、当店の「ファミリーセット」なら500g×10袋入っていて、お値段は4,370円です。

すなわちスーパーでパック調整豆乳を購入し続けるのと比べて約16%もお得になるのです!

しかも豆乳を搾った後のおからを冷凍しておけば、長持ちする上、必要な時に「卯の花」や「おからハンバーグ」なども簡単にできてしまうんです。

もちろんおからは豆乳から出てくるからタダ!新鮮な生搾り豆乳だけでなく、低カロリーでヘルシーなおから料理までできちゃうんです。

たとえばこんなおから料理があります。


手作り豆乳で搾った後のおからを使った「おからハンバーグ」です。おからがパン粉の代わりのようになってふわふわのハンバーグになります。

当店の「豆乳用大豆」をご購入の際には、簡単にご家庭で調理できる「簡単レシピ」をお付けしています。このレシピにおからハンバーグの作り方を記載しております。ご参考ください。




豆専門店として他店よりも良い状態の豆をお届けするために、全ての豆を一粒一粒手で選別しました。割れや虫食い豆、変色豆は、人の目で見て取り除いています。貴重なお豆だからこそ一粒一粒を大切にしてお届けしたいと思っています。


当店の『豆』はすべて酸素を遮断する密封包材に入れて、真空パックしております。
真空パックする際に、脱酸素材(エージレス)を封入しておりますので、袋の内部は酸素が無くなり、保存中もそのまま酸素が無い状態で維持できています。
ですから、豆の成分が酸化することなく、いつでも新鮮な風味を保っています。

しかも便利なチャック付袋で保存にも便利です。 酸素を抜いた真空包装をすることで以下のようなメリットがあります。

1)開封するまで豆が酸化しないので、開封するまでいつでも新鮮です。
2)袋の中には酸素が無いので、開封するまで常温で保管していても「カビ」が発生しません。
3)同じく酸素が無いので、開封するまで常温保管でも、害虫が発生しません。

開封後も袋のチャックをして、常温で保管していただき、適時必要量をお使いください。



豆料理が得意な方も、今日からスタートという方もご安心ください。当店では、原穀(生豆)商品には、すべて簡単豆レシピをお付けしております。

「豆を戻すときの水の量は?」とか、「豆を戻すときの水浸けする時間は?」とか今日からスタートする方でも、レシピどおりに一つ一つやっていけば、簡単に豆料理が完成します。

また、「今日から早速豆料理をしたいのだけど、どんな料理にしたらいいのかしら?」という場合でも、簡単レシピで、まずは1品、2品は完成です。

簡単レシピを足がかりに、家族がお好きな具材や味付けを加えていって、すぐにオリジナルのアレンジ豆料理にステップアップです。 また、調理中に分からないことがあったら、いつでもお電話ください。お気軽にご相談していただければ、スタッフもうれしく思います。

お電話:086-430-0280






表示順 : 
表示件数:1~3/3

2019年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

2019年11月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 休業日