丹波黒大豆きな粉

丹波黒豆きな粉
丹波黒豆きな粉

丹波黒大豆のきな粉
ここでご紹介する「きな粉」は、岡山県産の丹波黒大豆100%で作った「丹波黒大豆きな粉」です。 黒豆の中でも最も味がよいと言われている丹波黒大豆だけで作ったきな粉ですので、その味わいも格別です。特に食べた後でも、最後までコクのある味わいが長く持続します。
やはり、普通の黒豆きな粉とはレベルが違います。 丹波黒大豆の風味と甘さが十分に生かされた「豆専門店」ならではのこだわりきな粉です。 当店では丹波黒大豆を原穀で販売しておりますので、その丹波黒大豆を原料にしたこだわりきな粉です。


岡山県産丹波黒大豆丹波黒大豆
丹波黒大豆とは種皮が黒色で実(子葉)と胚芽は黄色い黒豆です。北海道の光黒大豆が表面がつやつやしているのに対し、丹波黒大豆は表面がつや消しのようにマット調で、白い粉がふいています。
この白い粉が丹波黒大豆の特徴です。丹波黒大豆は丹波地方発祥の極大粒の黒大豆です。本来の産地は兵庫県と京都府の丹波地方ですが、現在はそれらに加えて岡山県、香川県、滋賀県で主に生産されています。その中でも、岡山県は兵庫県の丹波地方と気候が似ているので、今では丹波黒大豆最大の生産県となっています。毎年たくさんの丹波黒大豆が収穫されています。

この丹波黒大豆は極大粒で煮豆に非常に向いています。味は大豆の中で一番濃厚で、食感は粘りのあるもっちり食感です。お正月の黒豆の甘煮に使われる、あの高い黒豆です。コクがあって、甘みが強い、そんな丹波黒大豆をきな粉にしました。




無添加のきな粉です

当店の丹波黒大豆きな粉は、保存性をあげるためや味付けのために、何かほかの添加物などは添加していません。
100%丹波黒大豆だけで仕上げた完全無添加です。

丹波黒豆は普通の大豆よりサイズが大きいので、他の大豆以上に焙煎する温度や時間など経験がかなり必要です。他の大豆と同じように考えて時間で仕上げてしまうと青臭いきな粉になります。大きな豆の中心までじっくりと火が通っていないからです。青臭くてもおなかを壊すことはありませんが、せっかくの丹波黒大豆なのですから、一番おいしくなるように焙煎しないともったいないです。
当店のきな粉は丹波黒大豆の味、コク、風味を生かすために、試作を何度も繰り返してたどり着いた「こだわりの品質の丹波黒大豆きな粉」です。

きな粉は酸素以外にも「光」で風味が減衰していきます。ですから保管中はしっかりと光を遮断する必要があります。スーパーのきな粉がおいしくなかった経験はありませんか?スーパーでは陳列棚に良く見えるように並んでいますから。そういうことです。

ですから、商品が届いた後、ご家庭で保管するときには、必ず新聞紙などでくるむとか、お届けした箱の中に入れるなどをして、光をシャットアウトしてください。 100%無添加ですから、多少めんどくさいですが、丹波黒大豆の風味と甘みが十分に引き出された、大変おいしいきな粉に仕上がっています。原料として使っているのは、岡山県産の丹波黒大豆だけです。

保存を良くするために保存料などは入れていません。お店に並んでお客様が手に取っていただくのを待つわけではないので、通信販売の最大の利点で、当店のお客様のために焙煎して包装するので、色々な環境での保存に耐える必要が無いのです。
脱酸素剤を封入して、袋の中の酸素をなくしています。それだけで十分に保存できます。



真空包装できな粉も長持ちします
きな粉の保存用包材の選定当店の『きな粉』は酸素を遮断する密封包材に入れて、真空パックしております。
真空パックする際に、脱酸素材を封入しておりますので、袋の内部は酸素が無くなり、保存中もそのまま酸素が無い状態で維持できています。 ですから、豆の成分が酸化することなく、開封するまで、いつでも新鮮な風味を保っています。

また、選んだ包材は緑茶などにも使用される包材を選びました。この包材を使うことで保存中のきな粉の香りを損なうことなく開封するまで新鮮な状態で保存できるからです。もちろん常温で保存可能です。 しかも便利なチャック付袋で保存にも便利です。
※きな粉はパウダー状のため、開封前の酸素が無い状態でも、袋自身はカチカチに固まったりしません。適度な空気(ほとんどが窒素です)がある状態です。

酸素を抜いた真空包装をすることで以下のようなメリットがあります。

1)開封するまで豆が酸化しないので、開封するまでいつでも新鮮です。
2)袋の中には酸素が無いので、開封するまで常温で保管していても「カビ」が発生しません。
3)同じく酸素が無いので、開封するまで常温保管でも、害虫が発生しません。

開封後も袋のチャックをして、常温で保管していただき、適時必要量をお使いください。



きな粉の安さの秘密
当店では、全ての生豆(乾燥豆)は、人の手で見て触って手選別をしています。
その選別の際に、豆の皮が破れていたり、形が悪かったり、或いはサイズがやや小さかったりなどの豆は、手選別で除外して、原穀として販売していません。

今回きな粉にしたのは、そんな選別の際に除外した豆を原料にしました。選別で除外した豆ですが、味は全く同じです。あくまでも見た目が悪いために、原穀としては販売しなかった豆です。 そんな豆を原料にしているので、きな粉にしたときの原料費がほとんどかかっていません。
加工費はかかりますが。袋代もかかりますが。充填費用も・・・。
ですから、本物の丹波黒大豆のきな粉にもかかわらず、このような低価格で販売できます。 尚、個包装のきな粉の袋の中には、原穀と同じく「脱酸素剤」を封入しておりますので、開封するまで酸化せず、きな粉の豊かな風味と甘みを味わっていただけます。



きな粉と野菜の栄養素の比較

きな粉には、なかなか摂取できない「亜鉛」もおいしく手軽に簡単に摂取することができます。また女性にうれしい「葉酸」もたっぷりです。 「きな粉牛乳」などで手軽に召し上がってください。

きな粉の亜鉛量比較

なかなか摂取することが難しい亜鉛も大豆にはたくさん含まれています。
きな粉牛乳などで手軽に取り入れることができます。


きな粉の葉酸量比較

葉酸は野菜の中でも多いものと少ないものがあります。手軽に簡単に取り入れるにはきな粉は大変便利です。
きな粉牛乳だと亜鉛や葉酸などに加えて、牛乳由来のカルシウムもまとめて便利です。



丹波黒大豆とは

丹波黒大豆は岡山県を最大の生産地として生産されている極大粒の黒大豆です。黒大豆の中でも最高級の価格がします。おそらく国内の大豆の中で一番値段が高い大豆の品種です。
その理由はやはりおいしいからだと思います。

ねっとりと粘りのある食感と、大豆なのに甘い味、さらにコクが深い。大豆の中では最大サイズの品種です。これだけ特徴がある黒豆ですので、当然値段も高くなってしまいます。

丹波黒大豆お甘煮お正月の定番
現在ではお正月のおせち料理には必ず黒豆が入っています。この黒豆に使われているのが丹波黒大豆です。
お正月のあの味を思い出してください。ねっとりと甘くコクがある味わい。

その丹波黒大豆を贅沢にも100%使ってきな粉にしています。岡山県産の安心の素材100%です。スーパーでも黒豆きな粉は見かけます。それは丹波黒大豆でしょうか?産地はどこでしょうか?当店は豆専門店として素材から向き合っています。その信頼できる生産者の丹波黒大豆だけできな粉にしています。




きな粉牛乳

丹波黒大豆のきな粉は、是非きな粉牛乳をお試しください。手軽でもありますし、丹波黒豆のコクがしっかりと感じられてとてもおいしいです。

当店では色々な種類の大豆をきな粉にしています。
それぞれの特徴のある大豆を選抜しておりますので、是非専門店品質のきな粉をご賞味ください。







表示順 : 
表示件数:1~4/4

2019年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

2019年11月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 休業日