豆専門店 ビーンズマーケット 豆専門店「ビーンズマーケット」 豆専門店へのFAX注文用紙の印刷ページへ 豆専門店「ビーンズマーケット」トップページへ 豆専門店「ビーンズマーケット」に電話をかける
SSL グローバルサインのサイトシール
当サイトではお客様の情報はグローバルサインのSSLにより安全に保護されています。
豆茶商品ラインナップ
あずき茶の特集へ
丹波黒豆茶の特集へ

きな粉ラインナップ
鶴の子大豆きな粉へ
青大豆きな粉
丹波黒大豆きな粉へ
赤大豆きな粉
鞍掛豆きな粉
秘伝豆きな粉
イソフラボン高含有きな粉

大豆の一覧
赤大豆の特集ページへ
青大豆の特集ページへ
秘伝豆の特集ページへ
丹波黒大豆の特集ページへ
北海道産黒豆(光黒)の特集ページへ
鞍掛豆の特集ページへ
鶴の子大豆の特集ページへ
極大粒大豆(タマフクラ)の特集ページへ
茶大豆の特集ページへ
極小粒大豆(スズマル)の特集ページへ
極小粒青大豆(黒神)の特集ページへ
極小粒黒豆(黒千石)の特集ページへ
味噌用大豆(とよまさり)の特集ページへ
豆乳用大豆(タマホマレ)の特集ページへ
豆腐用大豆(シュウレイ)の特集ページへ
ひきわり大豆の特集へ
機能性大豆の大事一覧
リポキシゲナーゼ欠失大豆(すずさやか)の特集ページへ
イソフラボン高含有大豆(ゆきぴりか)の特集ページへ
地大豆(在来種)の大豆一覧
紅大豆の特集へ
くるみ豆の特集ページへ
雁喰い豆の特集へ
えんどう豆の豆一覧
赤えんどう豆の特集ページへ
青えんどう豆の特集ページへ
いんげん豆の豆一覧
とら豆の特集ページへ
大正金時豆の特集ページへ
福白金時豆の特集ページへ
うずら豆の特集ページへ
ひよこ豆の特集ページへ
大福豆の特集ページへ
大手亡豆の特集ページへ
貝豆の特集ページへ
紅絞り豆の特集ページへ
シャチ豆の特集ページへ
レッドキドニーの特集ページへ
茶レンズ豆の特集ページへ
赤レンズ豆の特集ページへ
小豆の豆一覧
丹波大納言小豆の特集ページへ
大粒大納言小豆の特集ページへ
十勝産小豆(雅)の特集ページへ
白小豆の特集ページへ
緑豆の特集ページへ
黒目豆の特集ページへ
花豆の豆一覧
嬬恋村産紫花豆の特集ページへ
紫花豆(北海道産)の特集ページへ
白花豆の特集ページへ

北海道産大豆(とよまさり)の手作り味噌
北海道産大豆(とよまさり)の手作り味噌

●材料8.5kg味噌仕込み

北海道産大豆(とよまさり)(乾燥豆)・・・・・・2kg
塩・・・・・・800g
米麹・・・・・・2kg


●作り方

1) 北海道産大豆(とよまさり)(乾燥豆)をよく洗って大豆2.0kgに対し6.0kgの水に浸けて一晩水を吸わせます。
2) 大豆を大きめの鍋に入れぐつぐつと煮ます。水は水付けした水でも新しい水を入れてもどちらでも良いです。大豆は親指と小指で簡単に潰れるくらいかなり柔らかくなるまで煮ます。
3) 柔らかくなった大豆は細かく潰します。冷えると潰れにくくなるので、できるだけ熱いうちにマッシャーなどで潰します。潰しの程度は豆の形がある程度見えなくなるくらいまで潰します。
4) つぶれた大豆は素手で触れるくらいまで冷やし、米麹と塩を混ぜます。この時均一になるようにしっかり混ぜます。
5) 3者を混ぜた混合物の固さは、米麹が水分を吸うので、大豆の茹で汁を加えて、やや固め位にしておきます。
6) 容器はしっかりと消毒しましょう。ステンレス製など加熱しても変形しない容器を使う場合は、容器の内側に熱湯をかけて雑菌を退治してから(5)を入れてください。 プラスチック製の容器(熱湯では変形してしまう容器)を使う場合は、アルコールでしっかり消毒してから(5)を入れてください。
7) 容器に移した混合物から、しっかりと空気を押し出してください。空気の空間が残っているとそこにカビが生えます。しっかりと空気を押し出したら、表面をまっすぐにならして塩を振ります。これを『ふた塩』と言います。
8) 落としふたをして、仕込んだ量と同じくらいの重さの重石を乗せます。これは醗酵が進むと味噌の内部でガスが発生して空気の空間ができるので、その空間を重石で押しつぶすためのものです。 容器の口から雑菌が入らないようにアルコールをふって、紙などをかぶせ蓋をし、紙が外れないようによく縛っておきます。
9) 月に一回くらいは容器の破損やカビの発生をよく観察しましょう。醗酵は25℃~30℃くらいがよく醗酵するので夏場、冬場で適切な場所で保管してください。 赤味噌は約10ヶ月くらいが食べ頃です。